SysDraft

製品概要

 SysDraftは、JOB Step Flow(JSF)を素早く描画してフローチャートを作成し、フローチャートからJCLを自動生成します。システム開発や保守作業の効率化を格段に向上させることができます。

<全体概念図>


このような課題はありませんか?

  • 新規のプログラムの開発や旧バージョンのプログラムを修正してJCLを作成する時に、ExcelやWordを使用してオートシェイプを画面上に張り付けて作成していませんか?
  • フローチャート作成後、フローチャートの情報(ファイル名、DD名、VOL etc)を記入するのに苦労していませんか?
  • 同じファイル名、PG名が繰り返し使用されている場合、その都度記入する手間を負担に感じませんか?
  • ファイル図に統一性を持たせるため、どのように処理していますか?
  • <SysDraftの設定画面>


    SysDraftを利用した場合のメリット

    課題SysDraft 活用によるメリット
    手作業工数の減少 JCLの作成、変更と同時にフローチャートが生成されるため、フローチャートの作成、変更作業が不要となりコスト削減が図れます。
    わかりやすさ ジョブ名、ファイル名、プログラム名、帳票名を日本語で登録でき、それらがフローチャートに表示されるため、開発担当者、運用担当者に分かりやすいフローチャートが生成されます。
    フロー図の共有 Excelでの出力が可能なため、電子媒体での保存やメールでの配布など、情報の共有が簡単に行えます。
    保守作業の効率化と正確化 JCLの変更箇所は色分けされて表示されるため、レビューや確認作業が容易になります。登録されたJCL情報を使用するため、ケアレスミスのないJCLが生成できます。
     JCL及びフローチャート作成、保守運用の標準化が図れます。

    <SysDraftでフロー図を表示したところ>


    製品紹介/機能概要

    製品紹介

    システムの適用範囲IBM z/OS,OS390,MVS 富士通 MSP 日立 VOS3
    対象OSWindows XP以降,Windows Server 2003以降
    対応Microsoft OfficeOfficeXP, 2003 Microsoft Office system 以降
    CPUIntel Pentium 4 2GHz 以上を推奨
    メモリ2GB以上
    HDD2GB以上
    ライセンス形態ノードロックライセンス フローティングライセンス

    機能概要

    1. JCL情報の事前登録
      • 画面から登録
        (ファイル属性、名称、図形、DB名、カタプロ、ユーティリティ)
      • 既存JCL、雛形JCLから登録


    2. JCL生成
      フローチャートへのDB、ファイル、ステップ、プログラム等の追加、変更、削除でJCLが生成されます。


    3. JCL生成結果
      フローチャートExcel出力(左図)と自動生成されたJCL(右図)

    4.     

    あわせてこちらの製品もご検討ください

     以下の製品を合わせてご利用いただくことで、更なる相乗効果を発揮します。

    お問い合わせ

    新日本ソフトウェア株式会社 営業部 パッケージソリューション担当
     連絡先 : 電話番号 03-5835-0677