JENNIFER

製品概要

 JENNIFERは、現在実行中のWebサービスの状況を監視、分析する機能により、Webシステム障害、レスポンス低下、性能低下、サーバーの過負荷を直感的に判断し、問題解決に必要なSQLパラメータ、クラス、メソッド、プログラム、CPU使用率などの詳細な情報をトランザクション単位に提供するソリューションです。
 障害発生を担当者へE-mailやショートメッセージサービスにて自動的に送信する機能を提供します。

<全体概念図>


このような課題はありませんか?

「Webアプリケーショントラブルの対処時間を短くしたい。」

  •   原因追跡や分析に時間がかかりすぎる
  •   様々な仕組みが連動しているため、そもそも原因の特定が難しい
  •   データ、Web、システム、ネットワークなど担当ごとの原因追究となってしまう

  • 「Webアプリケーションのトラブルを事前防止したい。」

  •   これまでの経験による対策に頼っている
  •   連動した問題が発生しやすく、一つの対策では効果が不足する
  •   包括的な原因追究が難しく、総合対応策がたてられない

  • 「Webサイトへアクセスが急増してもサービスをダウンさせるわけにはいかない。」

  •   あらかじめ立てた予測を超えて、アクセス数が増加するケースが多々ある
  •   急場に対応するため、多くの技術者を、時間を選ばず出勤させないといけない
  • <WebAPサーバー統合モニタリング画面>


    JENNIFERを利用した場合のメリット

    課題JENNIFER 活用によるメリット
    原因調査の効率化  障害の原因調査というと、ログファイルやソースコードを地道に追いかけることが中心でしたが、JENNIFERではビジュアルなGUI画面で可視化されるので、わかりやすく把握することができます。
    専門家が複数必要  JENNIFERではビジュアルで直感的に障害の把握が可能です。Javaや.netの知識が無い方でも問題個所の特定ができるため、開発部門と運用部門両方の専門家がいなくても、迅速な初動が可能となります。
    Webシステムの
    パフォーマンス分析
      Webシステムに対するパフォーマンスをリアルタイムに分析することができ、システムに対する安定性を確保することができます。
      さらに、チューニングの必要程度を判断することができます。
    システム拡張の
    基礎分析
      ユーザ数やアクティブサービス数増加によるシステム拡張時に、統計データを活用し今後のより正確な容量を算定することで、費用対効果を極大化することができます。
    ボトルネックアプリケーションおよび障害監視  Webアプリケーションの監視機能により、障害発生原因を事前に発見し改善することで、アプリケーションの品質を高めることができます。

    <トランザクションのドットから障害を特定するX-View画面>


    製品情報/機能詳細一覧

    製品情報

    サポート対象OSAIX4.3.3,5.x 32bit,64bit
    HP-UX 11.x 32bit,64bit / HP-UX Itanium 64bit
    Sun Solaris2.8,2.9,10 32bit,64bit,x68
    Intel Linux 32bit / Redhat Itanium 64bit
    COMPAQ Tru64 UNIX OSF1 / Windows2000,XP,2003,Vista
    IBM iSeries(AS400)for WebSphere
    IBM z/OS for WebSphere Z/Linix
    サポート対象WASBEA WebLogic / IBM WebSphere Application Server
    Tmaxsoft JEUS / Oracle Application Server
    SUN Application Server / Fujitsu Interstage
    HITACHI Cosminexus / Sybase EAServer
    Macromedia JRun 4.x / Apach Jakarta Tomcat
    Redhat JBoss Application Server
    Caucho Technology Resin / Apache JServ / GlassFish
    アプリケーション
    対応開発言語Ver
    Java JDK 1.4以降
      ※JMXで取得している情報はJDK1.4ではモニタリング不能
    .Net Framework 2.0以降
      ※.Net Framework 1.1はご相談ください
    JENNIFERサーバー向け
    推奨CPU
    2.0GHz 以上を推奨
    JENNIFERサーバー向け
    推奨メモリ
    1GB 以上を推奨
    ライセンス形態サポート対象サーバーの物理CPU単位によるライセンス

    機能詳細一覧

    リアルタイム総合性能モニタリング・直感的なリアルタイムモニタリングが可能です。
     ※どのサーバに問題があるか画面を見ただけで分かります。
    ・全体的な観点のみでなく、具体的な詳細データをワンクリックで表示できます。
    ・モニタリングする全データをWeb基盤で表示するので、ユーザはどこからでも見れます。
    ・一つの画面でアクティブサービス数、CPU使用率、端末接続ユーザ数、平均応答時間など、総合的に状況を把握できます。
    レスポンスタイム分布グラフ X-View・レスポンスタイムに対して直感的な分析を行います。視覚的な分布グラフでボトルネックを直感的に判断できます。
    ※分布種類別 レスポンスタイム別 CPU使用時間別
     SQLクエリ実行時間別 トランザクション遂行時間別
    障害診断
    パフォーマンス低下原因分析
    ・41種類の障害タイプ把握
    ・自動警報ウィンドウリアルタイムアラート
    ・Email又はSMS(ショートメッセージサービス)転送
    ・日付別/時間帯別管理
    ・JDBC未解放追跡
    ・SQLクエリ実行エラー
    ・未処理エラー/例外事項(Exception)
    ・JDBC重複割当追跡
    システムの過負荷時、
    自動 負荷制御機能
    ・サービスリクエストが集中して負荷量が大きくなった場合、自動的に負荷量を制御するピーク負荷制御(PLC)機能によりシステムのダウンを回避し、サービスの安定化を行います。
    ・JENNIFERが提供するPLC機能は、アプリケーション別に優先順位を設定し、負荷量が大きくても優先順位の高いサービスリクエストを実行させ、無停止システムを可能にします。
    ・優先順位の低いサービスは過負荷状態メッセージを転送し、ユーザが安心してサービスを再処理できるようにします。
    アプリケーション
    SQLクエリのトレース
    ・JDBC状態および各アプリケーションの実行中SQLクエリの確認を、以下の項目を中心に行います。
    ※待機状態/割当/実行状態 アクティブSQLクエリ
     JDBCコネクション数 JDBCセッションID JCBCクラス名
     SQL実行アプリケーション名
    ・以下の項目が表示されるので、アプリケーションおよびSQLクエリチューニングとしての利用も可能です。
    ※性能障害アプリケーションリスト TOP10 SQLクエリリスト
     TOP10 トランザクションリスト SQLクエリBIND変数追跡
     クラス/メソッド別詳細プロファイル情報
    キャパシティプランニング 推移分析キャパシティプラニングのためのデータ
    ・同時接続ユーザ数
    ・アクティブユーザ数
    ・訪問者数
    ・応答時間
    ・トランザクション処理量
    ・待機時間(thinktime)
    ・CPU/メモリ 使用量
    ・アプリケーションのCPU使用率
    CSVファイルエクスポート可能

    お問い合わせ

    新日本ソフトウェア株式会社 営業部 パッケージソリューション担当
     連絡先 : 電話番号 03-5835-0677